img-1

システムマイグレーションの現実とは

あるコンピューターネットワーク・システムで稼動している業務用システムを、新規に構築した別のコンピューターネットワーク・システムに移行させるという場合には、何よりもまず、その業務用システムをできる限り滞らせてはならないわけです。



というのも、その業務用システムは、実際の業務で運用されているものなので、その運用が滞ってしまうと、業務に重大な支障を来たしてしまう、といったことが、システムマイグレーションを実施する際には、現実の問題となるからです。



このために、システムマイグレーションを行って、業務用システムを別の稼働環境に移行させる場合には、可能な限り移行に伴う稼動停止時間を短くすることと、稼動が停止してもその影響が最も少なくて済むタイミングを選択する、ということが不可欠となります。



業務システムを新環境に移行させる場合には、ハードウェアの構成もOSを始めとしたソフトウェア・インフラの構成も異なる環境になるわけなので、業務システムのプログラムをただ新環境にインストールし直して、データをコピーすれば済む、というわけには行きません。



今ままでのものとは異なるハードウェア環境とソフトウェア・インフラに対応させるためには、必要な変更を全て加えねばなりませんし、その変更が新環境で正しく動作するのか、テストして検証もしなければならないからです。



このように、システムマイグレーションという作業には、どうしてもかなりの手間と時間がかかってしまうために、業務に全く影響を与えることなく、業務システムの移行作業を行ってしまう、ということはまず無理なのです。







関連リンク

img-2

システムマイグレーションの難しいところ

システムマイグレーションはとても難しい行為です。システムマイグレーションとは、システムを新しいOSやシステムに移行させることです。...

more
img-3

楽しい現場を選びたいナレーションの仕事

ナレーションの仕事と言うのは、単純に1つの種類ばかりではなく、いろいろな種類があるので、やりたい仕事をやることが重要だと言えるでしょう。テレビの番組の裏でナレーターとして話す事もできますが、他にも小さなイベントの司会や、いろいろな施設のナレーションをこなしたり、実際には様々なバリエーションのある仕事だといえます。...

more