img-1

作品の吹き替えに現場おけるナレーションの人材選定

国際化社会において様々な文化交流が世界的に行われるようになってきました。

その影響はナレーションの業界にも強く波及してきており、その影響を受けた仕事も増えてきています。


世界各国で放映されているテレビ番組や映画等の作品を日本語に吹き替えたり、日本の作品を各国の言語に吹き替えたりするという仕事はナレーションの仕事としても典型的なものであり、高い能力が要求される一方で報酬も大きな仕事として人気の高いものです。有名作品の吹き替えに携われることはそのやりがいも大きく、その作品の人気が高ければ高いほどその仕事の獲得競争も激しいものとなっています。
多くの場合には作品のディレクターや監督がそのナレーションを担う人材を抜擢することが多いものの、その求人募集が行われることも稀ではありません。
映画等においては必要となる役者の数が多く、その吹き替えにおいては主要な役者の担当者については指名されることが多いものの、あまり中心的な役割を担っていない役者についてはアマチュアから募集することも多々あります。
そうすることによって吹き替えにかかる人件費を節減することができるからです。こういった機会はアマチュアがプロになるための大きな機会でもあり、ナレーションを生業として生きていくことを決意している人にとってはどんな脇役であろうと喉から手が出るほどに携わりたい仕事の一つとなっています。
雇う側もそれを見越している場合も多く、オーディションを兼ねている面が現場にはあるのです。

















関連リンク

img-2

システムマイグレーションの難しいところ

システムマイグレーションはとても難しい行為です。システムマイグレーションとは、システムを新しいOSやシステムに移行させることです。...

more
img-3

作品の吹き替えに現場おけるナレーションの人材選定

国際化社会において様々な文化交流が世界的に行われるようになってきました。その影響はナレーションの業界にも強く波及してきており、その影響を受けた仕事も増えてきています。...

more